被災した写真を洗浄します

東日本大震災の津波により、海水や汚水などに浸かった後、そのままの状態で保管しているアルバムや写真などはご自宅にありませんか?
気仙沼復興協会では、被災した写真を洗浄・乾燥させ、新しいポケットアルバムに入れお返し致します。

被災したままの状態で、汚れが残ったまま保管していると、海水や汚水に含まれているバクテリアなどの細菌や、カビ等により劣化が進んでしまいます。

左の写真は海水により表面が膨張して劣化が始まっている状態です。
右は洗浄により劣化を最小限に抑えて保管した写真です。

syasinn3syasinn4

劣化が始まったままの状態にしておくと、状態の悪いものだと洗浄した時に写真全体は真っ白に剥がれてしまいます。

ここに保管している写真は、ボランティアの皆様や職員の手によって写真洗浄後に新しいポケットアルバムに保管されています。
左の写真は洗浄後アルバムに入れ保管しましたが、時間の経過とともにポケットアルバムのフィルムが劣化し、写真がフィルムに付着し、ゆがんで見えにくくなっているので新しいポケットアルバムに入れ直す作業を現在行っています。
syasinn1syasinn%ef%bc%92

また、洗浄前の写真をデータで保管していますので、プリントするかデータでお渡しする事も可能です。バクテリアなどによる劣化の無いものは、綺麗な状態で保管しています。


東日本大震災から5年10ヶ月が経過しようとしています。

震災後、多くの写真は自衛隊員の方々や消防隊員の方々の手により救出され、多くのボランティアの皆様のご協力で、震災の拾得物はきれいに洗浄、保管され、持ち主へと返却されてきました。

いまだ、当時を思い出すのも辛い、まだ写真を見たくない方は多くいらっしゃいます。
しかし、今はまだ見れる状態には無くても、いつか見られるようになった時に、綺麗な状態で写真を見て欲しい。
思い出を懐かしく見て欲しい。写真洗浄の作業に携わった方の想いは同じだと思います。

一枚でも多くの方へ、早くご家族の元へ思い出がお手元に戻りますように。

また、ご自宅に汚れたままの状態で保管されている写真等ありましたら、ご連絡をお待ちしています。
なお、状態によっては出来かねる物もございますのでご了承頂きますよう、よろしくお願い致します。
洗浄のご依頼は2月末までとなっておりますので、お早めにお問い合わせください。
お待ちしております。

syasinn5

(気仙沼復興協会 環境保全部 写真救済事業)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">