【ボラ部】9月11日集中捜索活動ご報告

2014年9月11日(木)集中捜索活動を行いましたのでご報告します。
(今回は気仙沼警察署と合同では行わずに、気仙沼復興協会のみで行いました。)

今回の現場は気仙沼市本吉町の大谷海岸付近。
活動人数65名。この日は大学生のみなさんがまだ夏休みということもあり大学生の団体42名と、全国各地からの個人23名の方々に活動に参加して頂きました。

前日からの雨、当日の朝も時々雨がチラつく空模様でしたので、いつもの開始時間より30分早い9時30分に道の駅 大谷海岸の駐車場内にある献花台前に整列。
道の駅の大原駅長よりご挨拶を頂き、海に向かって黙祷したあと5グループに分かれて活動を行いました。

ooya6ooya5

この日の活動はフレコンバッグ(黒い大きい土嚢袋)が並んでいる海岸側ではなく、フレコンバッグの道路側の捜索活動。ここも砂地になっていて、以前は防風林などがあった場所、家があった少し高い場所も津波によって抉られ崩れて来ています。
我々がここで活動するのは初めてですが、以前から散歩している住民の方などが骨らしきものを見付けている場所でした。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

砂の上や中に割れたガラスや被災物がまだ散乱している状況で、レーキや手で砂を避けながら手がかりとなりうるものを探して頂きました

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

この日は、大人数の参加や、また手つかずの場所だったこともあり、動物らしき骨やお墓の流失骨らしき骨を含めて50本以上見付けて頂きました。
活動終了間際、気仙沼警察署の警察官の方に来て頂き、引き渡しを行いました。現在、関係各所で調べて頂いています。

宮城県内では1,261名、気仙沼市内だけでも226名の行方不明の方がいらっしゃいます。
(9月10日現在)

待っている人がいる限り、
そしてこの活動が少しでも誰かの後押しになるのであれば続けていかなければならないと思っています。

10月11日(土)も、集中捜索活動を行う予定になっています。多くの方のご参加をお待ちしています。

月命日の11日を集中捜索活動としていますが、その他の日も捜索を兼ねた海岸清掃活動を行っています。また、仮設住宅や、被災した神社、公園の草刈活動や、個人様からニーズがあればそれに対応する場合もありますのでご了承ください。詳しくはお問い合わせ頂ければと思います。

ひとりでも多くの手と目で、
ひとつでも多くの手がかりを・・・

ご協力お願い致します。

(ボランティア受入部 一同)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">