【ボラ部】気仙沼の夏、魚町、日門海岸にて

みなさんこんにちは、ボランティア受入部 小倉です。
こちら気仙沼もそろそろ夏本番を迎えようとしていますが、皆様もお元気にお過ごしでしたでしょうか??

草刈
さて、近々のボランティア活動について、しばらくぶりに私の方から皆様に報告を差しあげたいと思います。デイリー報告ではシステムの関係上「数行」のみのご報告でしたが…先月までは、ほぼ毎日が草刈・環境美化活動で、それ以外の活動が出来ないほどのご依頼がよせられていたのです。


写真のように…初夏の強い日差しの中、毎日元気に活動していましたよ(気仙沼市魚町)

ボランティア活動へ参加していただいた皆様には、ニーズ状況としてお知らせしておりますが、気仙沼では、津波により無くなってしまった町並や、住民が散開してしまった自治会等、そして未だ建物が建たず更地になったままの場所が、3年4か月を経た現在でもたくさんあります。

そのまま荒れた状態ではもちろん周囲への環境等へ良くないのですが…夏祭りやお盆に向け、あまりにも刈らなければならない所が多すぎて、業者だけでは予約があふれて何か月も待つような状況が続いています。

海での活動
さて、草刈の活動もようやく大方の目処がついてきましたので、私たちも7月の後半(22日)より、ようやく海岸での活動を行い始めました。…海水浴場に関しましては、気仙沼大島にあります「小田の浜」が今年も海開きを行いました、というニュースをご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、小田の浜以外にある大きな3海水浴場(お伊勢浜・大谷・小泉)では、いまだ公式に開かれている場所はありません。

(関連ニュース:河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140727_15026.html

そのため22日に活動を行った「日門海岸」では、子供たちに遊んでもらえるようにと、地元の方々で立ち上がり清掃活動を行ったそうです。私たちもボランティアさんと海に繋がる支流や、砂浜に埋没している被災物・ガレキの収集をお手伝いさせていただきました。

甲斐あって、夏休みを迎えた子供たちが遊んでいる姿や、ブログを書いてる本日も向洋高校のヨット部が練習をしている姿等、散見することができました。とても嬉しく思います。

……気仙沼では、まだまだ綺麗にしたい場所がたくさん有ります。
震災よりまもなく3年5か月を迎えようとしておりますが、復興にはまだまだ時間と人手が必要です。特に今年に入ってからは、だんだんとボランティアさんの参加も少なくなってきている現状がありますので、よろしければ今後とも、皆様のご協力・ご参加をお願い申し上げます。

(ボランティア受入部 小倉 大作)

『【ボラ部】気仙沼の夏、魚町、日門海岸にて』へのコメント

  1. 名前:松本貴志 投稿日:2014/08/15(金) 23:26:02 ID:9a203afcd 返信

    岐阜県の松本です。
    本当にご無沙汰しております。何時も貴ホームページで皆様の活躍の情報を得ています。

    つい先月11日の事、わが地方ニュースで東北地方で月命日捜索が行われた。
    と報道が流れたので画面を見ると、少人数での活動が流されていました。
    キャスターが「まだまだ終わっていません。ぜひ皆さん東北に足を運んでやってください。」と言われた事が耳に残っています。

     8月21日にわが田舎の子供達と一緒に気仙沼に伺いますので、よろしくお願いします。

    今回こうして動けたのは、当センター長である長尾さんのご尽力のおかげです。
    頭の回転と行動が速く(田舎では尻が軽いって言います)、先々の見通しが出来、人が動かせる方に出会えたおかげです。
    一言では、言えないご苦労があったと思いますが、それを一言も言われず、笑って見えるだけです。本当に頭が下がる思いです

    21日に一緒に活動して、いろんなお話を聞かせて頂ける事を、楽しみにしております。

松本貴志 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*